概要

監査対応の際に必要となるプロダクト権限の付与/変更履歴を、CSVで出力できるようになりました。


以下のようなご利用方法を想定しています。

  • 情シスマネージャーが、外部/内部監査を受ける際に、権限の変更履歴を手間なく提出し、権限の付与を規定どおりに行えていると証明できるようにしたい
  • 情シスマネージャーが、内部監査の日常的モニタリングのなかで管理者権限の付与が規定どおりに行われているか、プロダクト毎に集計して確認したい


目次


利用可能なユーザー

プロダクト種別権限
共通管理システム管理者


利用方法

[共通管理] → [セキュリティ] → [監査ログ]より、ログイン履歴をCSVで出力できます。


出力期間は1ヶ月単位で指定でき、当月を含む12ヶ月分を遡ることができます。


※注意事項※

機能リリースした2023年10月26日以降のログを出力できます。


記録の対象

お客様の環境で有効化されているプロダクトの権限変更が記録の対象です。


※2023/10/26時点で、ユーザーステータスの変更(招待中や有効無効)や、チーム・役職の変更は記録の対象外です。


※お客様が画面やCSVで行う権限の変更に加えて、LayerX側で行う変更作業(例:ご契約時の1人目のユーザー様招待など)も記録されます。


出力項目

2023/10時点の出力項目は以下となります。


項目名説明
日時操作が行われた日時が記録されます。
操作者のID操作者のIDが記録されます。
操作者の名前ダウンロード時点の操作者の名前が記録されます。
操作者のメールアドレス操作者のメールアドレスが記録されます。
IPアドレス操作者のIPアドレスが記載されます。
対象者のID対象者のIDが記録されます。
対象者の名前ダウンロード時点の対象者の名前が記録されます。
対象者のメールアドレス対象者のメールアドレスが記録されます。
変更項目変更された権限名が記載されます。
バクラク電子帳簿保存の書類確認権限など、プロダクト内の詳細権限も1権限として記録されます。

例:共通管理権限、書類編集ロック権限(電子帳簿保存)
変更後の値変更された値が記録されます。 例:管理者、有効、権限なし


※複数の権限を1回の操作で変更した場合、権限ごとに変更履歴が記録されます。


※LayerXによる操作が行われた場合は以下の値で記録されます。

  • 操作者の名前:LayerX担当者
  • 操作者のID、操作者のメールアドレス、IPアドレス:LayerX担当者の操作のため出力されません


※「無料ではじめる」からお申し込みいただいた環境の作成時には、以下の値で記録されます。

  • 操作者の名前:初期設定
  • 操作者のID、操作者のメールアドレス、IPアドレス:LayerX担当者の操作のため出力されません


※注意事項※
認証ログに保存されるデータの種類は今後追加される可能性があります。
ただし、すでに保存されている過去のログについては、追加データは保存されませんのでご了承ください。