概要


CSVを利用することで、一括でユーザーの登録/編集/招待を行うことができます。


目次

ユーザー管理画面(CSV箇所)のご案内


CSVダウンロード/CSVインポート



CSVダウンロード登録したユーザー情報を一括でCSVファイルでダウンロードすることができます
CSVインポートユーザー情報を登録したCSVファイルをインポートすることができます


CSVダウンロード/インポートの操作手順


CSVダウンロード


[CSVダウンロード]ボタンをクリックすると、出力する際の文字コードを選択することができます。任意の文字コードを選択し、[CSVダウンロード]をクリックすると登録したユーザー情報をCSV形式で出力することができます。ユーザーの招待/編集を一括で行いたいときにご活用ください。


__________2021-08-18_17.48.52.png


ダウンロードしたCSVファイルを開き、任意の内容を編集していきます。インボイスとワークフローそれぞれのサービスを利用するかどうかの設定が行えます。0が利用しない、1が利用するという設定になります。


__________2021-07-28_14.01.40.png


 


CSVインポート


CSVインポートを実施する場合は、[CSVインポート]をクリックします。[ファイルを選択]をクリックし、フォルダからファイルを選択するか、ドラッグアンドドロップすることができます。CSVファイルを選択すると、[アップロード]ボタンが活性化します。[アップロード]ボタンをクリックすると、CSVファイルに登録した内容が反映されます。



 

CSVで招待メールを一括で送信する方法

1.[共通管理]>[ユーザー管理]をクリック

2.画面右上の[CSVダウンロード]をクリック

3.ダウンロードされたCSVファイルの「招待メール(送信する:1)」列に招待を行うユーザーのセルに「1」を入力

※「招待メール(送信する:1)」列以外は編集をしないでください

4.画面右上の「CSVインポート」をクリック

5.招待メールが送信されます


注意

ダウンロードしたファイルの左端にある「ID」の列がユーザー管理ファイルのキーになります。

このIDはバクラク共通管理のシステム上で自動的に採番されたIDとなります。


ダウンロードしたファイルに記載されたIDを記載したユーザーについてはインポート時に上書き更新されます。


IDの列が空欄のユーザーについてはインポート時に新規登録されます。

ただし、メールアドレスが重複するユーザーが既に存在する場合は登録ができませんのでご注意ください。


ユーザー管理CSVの一括インポートに失敗する場合

【ユーザー管理】CSVの一括インポートに失敗する場合の解決方法をお試しください。


ユーザー管理CSVの一括インポートのよくあるご質問


1. 登録したユーザーは削除できますか。

登録されたユーザーを削除する、画面上から非表示にすることはできませんので、テスト利用時などはご注意ください。
※無効化ステータスに変更いただくことは可能です。


2. ユーザーは重複して登録されませんか。

環境にメールアドレスが同じユーザーが既に存在する場合は、追加登録ができないように制御しています。


3. ユーザーを無効化すれば、同じメールアドレスで新しいユーザーを作成できますか。

できません。有効/無効のステータスに関係なく、同じメールアドレスのユーザーは1環境につき1人しか登録できません。


4. 一部のユーザーだけが記載されたCSVを取り込んだ場合、他の登録済みユーザーは削除されますか。

ユーザーのCSVインポートでは、CSVに記載されたユーザーだけに変更を加えることができます。

「すでに登録済みだがCSVに記載のないユーザー」については特に変更は行われませんので、ご安心ください。


対象ユーザーCSVへの記入方法
追加で登録したい新しいユーザーユーザーIDを空欄にして登録してください。
登録済みだが変更を行いたいユーザー
ユーザーIDが記載された状態で変更を登録してください。
特に変更が不要なユーザーCSVに記載しなくても、特に変更は行われません。


5. 従業員を予め登録しておき、運用を始めるときにあとから一括招待できますか。

CSVインポート機能を利用することで、初期設定時は登録だけしておき、運用開始のときに一括招待が可能です。


期待する結果
方法
登録のみ行いたいユーザーCSVの「招待メール(送信する:1)」を未入力のままにしておく
登録したユーザーを一括で招待をしたいユーザーCSVの「招待メール(送信する:1)」を1に変更する
登録したユーザーを1人ずつ招待したい
1.[ユーザー管理]画面で、[ステータス]を[未招待]設定
2.[ユーザー]→[編集]にて、[招待]を押下


6. 一度招待したユーザーを再招待できますか。

以下の手順で再招待できます。

期待する結果
方法
画面から1人ずつ再招待したい1. [ユーザー管理画面]で、再招待を行いたいユーザーの[編集]ボタンをクリック
2.開いたユーザー編集画面の下にある[再招待]ボタンをクリック
CSVでまとめて再招待したいユーザーCSVの「招待メール(送信する:1)」を1に変更する


7. csvファイルの必須項目はなんですか。

項目名
必須補足・入力内容
ID(バクラクで自動付与、編集不可)場合に
より
必須

新規インポート時は空白で問題ありません。

インポートが成功したユーザーには、バクラク側で自動で付与します。
氏名(必須)必須

メールアドレス(必須)必須

従業員コード任意
共通管理権限必須
以下のいずれかを記入
・一般
・経理担当
・ユーザー管理者
・管理者
招待メール(送信する:1)任意
有効
チーム・役職コード(チームコード(推奨) or チーム名{{役職コード(推奨) or 役職名}})任意
請求書利用(利用する:1)任意
請求書権限場合に
より
必須

請求書利用に1が設定されている場合は必須
※以下のいずれを記入
・閲覧者
・経理担当
・管理者
申請利用(利用する:1)任意
申請権限場合に
より
必須
申請利用に1が設定されている場合は必須
※以下のいずれを記入
・一般
・システム担当
・申請閲覧者
・経理担当
・管理者
申請承認者(承認者:1)任意
電子帳簿保存利用(利用する:1)任意
電子帳簿保存権限場合に
より
必須

電子帳簿保存利用に1が設定されている場合は必須
※以下のいずれを記入
・一般
・閲覧者
・管理者
電子帳簿保存書類閲覧権限場合に
より
必須

電子帳簿保存利用に1が設定されている場合は必須
※以下のいずれを記入
・自分が担当する書類
・自分が担当する書類 + 自分が所属するチーム
・自分が担当する書類 + 自分が所属するチーム以下
・全て
電子帳簿保存書類AI-OCR利用(利用する:1)任意
電子帳簿保存書類確認権限(利用する:1)任意
電子帳簿保存書類編集ロック権限(利用する:1)任意
ビジネスカード利用(利用する:1)任意
ビジネスカード権限
場合に
より
必須
ビジネスカード利用に1が設定されている場合は必須
※以下のいずれを記入
・閲覧者
・一般
・経理担当
・管理者